オーガニックレーベルと歯医者

妊婦さんというのはレントゲンによる麻酔の影響を受けやすいものです。
妊娠中はお腹の赤ちゃんに影響があるのではないかと色々と気になってしまうものですが、
妊娠中に歯科治療を受けても良いものか不安になってしまうものです。

 

歯科治療する場合には麻酔、レントゲンによって写真を撮影しても良いか気になるのも仕方のないことです。
妊娠中にレントゲンを浴びてしまうと危険だといわれるのは、レントゲンを浴びると奇形発症リスクが高くなるといわれているからです。

 

しかし、検査において使用されているレントゲンというのはどれも少量ですので、そのような危険性はまずありません。
飛行機に乗った時の方が実は浴びる放射線量が高いのです。

 

昔は結核の健診において胸部レントゲンを撮っていましたが、胎児への影響というのはありませんでした。
歯科で使用されている麻酔というのは部分的に効果のある局部麻酔になります。
使用量も少なく母子ともに影響の非常に少ないものです。

 

歯科でよく使用されている局所麻酔薬というのは、分娩時においても用いられることが多いです。
しかし、僅かなリスクでも妊娠中には避けたいものですので、できるだけ虫歯治療は妊娠中には行わない方が良いでしょう。

 

また、その他のリスクを軽減するためにも、オーガニックレーベルの葉酸をしっかりと摂取するようにしましょう。